<スポンサーリンク>

太陽光発電の一括見積もりを利用するデメリット

太陽光発電の一括見積もりを利用する際のデメリットをご紹介します。

一括見積もりサイトに登録してある会社はそれなりの信頼性と実績がある上に、自分の情報を複数入力する必要がないという利点があります。

では、逆にデメリットの方を見てみましょう。

一括見積もりのデメリット

自分の名前から始まり住所などを入力するのは手間ですよね。まとめて行った方がその手間が省けます。

1.時間がかかる

一括見積もりは、入力終了後に、電話やメールなどであなたに連絡があります。その後、具体的な内容確認を行い、先方の業者が訪問しての実地調査を行います。

複数業者の見積もりを取る(仮に5社)ということは、その5社分、同じ事を繰り返すことになります。


2.双方の日程調整の手間

見積もりを申請した後は、勝手に調査して見積もりだけ出してというわけにはいきません。自宅の屋根に関する図面(立面図)などを見せた方が見積もりも正確になります。

あなたと業者の双方の都合良い日程を調整する必要があります。業者によっては、二度、訪問することもありますので、その都度、日程調整を行うことが必要です。

3.複数業者の見積もりを取れる分悩む

複数業者の見積もりを取った後、どこの会社にしようかと悩みが増えます。どこも甲乙つけがたしでどこの会社に頼めば良いか決めかねてしまうかもしれません。

4.利用したい会社が入っていない。

口コミや個人的な紹介、友人の勤務会社などで、すでに利用したい会社が決まっていることがあると思います。その会社が一括申し込会社に登録していない場合は当然ながら利用できません。

太陽光発電購入時の一括見積もりについて考える

大きなデメリットは、以上の4点です。ただしメリットの裏返しとして、複数の業者から連絡があることを鬱陶しく思う方もいるでしょう。何社も相手したくないという方は一括見積もりを避けた方が無難です。

ただし、最後の一つを除き、一括見積もりを使わずに個別に見積もりをとっても同じです。

一括見積もりにした方が手間の点では楽にできる分、メリットの方が大きいと言えます。

見積もりは無料で行ってもらえますので太陽光発電システムの導入を検討する時は、積極的にご利用ください。太陽光発電システムの設置リスクやデメリットもお読みください。

<スポンサーリンク>
サイドメニュー1

お役だちリンク集とブログランク

THE SOLAR BUDOUKAN

中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2013
当サイトは佐藤タイジ氏主宰「THE SOLAR BUDOUKAN」プロジェクトを応援しています。